猫用品
PR

猫を飼う準備3 ~おすすめ猫用トイレ~

maca26ri
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは、まかつむりです。動物愛護センターから譲り受けた保護猫3匹を飼っています。

何回かに分けて、猫を飼う際に揃えた道具について記していきたいと思います。

今回は猫用トイレについてです。

1.猫用トイレの種類

従来型のトイレ

従来タイプとは、いわゆるトイレの層が分かれていないタイプです。

PR

このタイプのメリットとしては一般的にシステムトイレと比べれば本体代も猫砂代も安い事が挙げられます。

ホームセンターなどのプライベートブランドで大容量の砂もあるので間違いなくリーズナブルです。

ホームセンターとかに行くと、本体自体もプライベートブランドあるのでシステムトイレと比べれれば大分安く購入できると思います。

システムトイレ

猫砂の層とおしっこシートの層が分かれており、おしっこのシート部分は引き出し状に引き出せるため、上(の層)に猫砂を乗せたまま、おしっこの処理ができる利点があります。

PR

但し、上の層から下の層へおしっこだけ落ちる構造上、層間に穴が空いており、従来型の猫砂だと砂(粒)が小さい為 下段のおしっこの層へ落ちてしまいます。

「システムトイレ用」猫砂と記載されていないと使用できないので注意が必要です。

なので「システムトイレ用」と書かれた猫砂とトイレ(おしっこ吸収)シートを買う必要があるので、従来型と比べると大分 割高となります。

システムトイレにもプライベートブランド砂ありますが、従来タイプ猫砂の比べると容量もすくないのでやや高めです。

シロ
シロ

従来型とシステムトイレの違いは・・・おしっこの処理がしやすいかどうかです。大の方は、どちらもスコップで掬うので。

2.おすすめの猫用トイレ

ユニ・チャーム デオトイレ 猫用 トイレ フード付き

一週間臭わないのフレーズとデザインから、ユニ・チャームのシステムトイレ:「デオトイレ」です。

PR

同等品として花王から出ている「ニャンとも清潔トイレ」があります。こちらは色バリエーションが色々あるので悩みましたが・・

ユニ・チャーム製「デオトイレ」の方は フードカバー部分が開閉できるので清掃しやすそうだなということでこちらを購入しました。

実際には従来型と並べた訳ではないので臭いの違いに関しては分からないですが、おしっこはシートの下層へ落ちるので確かにおしっこは臭わないと思います・・・。

ウンチの方は・・さすがに臭いますね・・・(笑)

もう一つ ハーフカバータイプも持っていますが、これと比べれば、開口部が限られている分、フードカバータイプの方が幾分臭わない気がする・・。

ユニ・チャーム デオトイレ 猫用 トイレ ハーフカバー

フードカバーとの違いは「フードカバー」があるかないか程度で、他は差はないです。

PR

こちらを追加購入したのは、猫が増えたので買い増した事もありますが、猫達も大きくなりフードカバーだと窮屈かなと思ったからです。

ただ、猫達にとってはあまり関係無いようで、気分(日によって?)で使い分けているようです。

子ねこ用 トイレ

PR

ちなみに子ねこ用もあります。こちらは子ねこに合わせてやや入口高さを低くしている感じです。少なくとも生後半年くらいあれば猫の大きさもだいぶ大きくなるので、飼い始めた猫の大きさにもよりますが、いきなり大人用でも良いかなとも思います。

3.トイレの必要数

トイレの数はよく頭数+1と言われますが、今現在ウチは猫3匹で3個あります。

あれ?足りてない?

シロ
シロ

上記デオトイレの「子猫用」「フードカバー」「ハーフカバー」です。

最初のマカロン飼い始めたころに「子猫用」、成長に伴って「フードカバー」、2匹目(つむぎ)が大きくなってきたところで「ハーフカバー」を買い足した感じです。

成長にともなって途中から「フードカバー」を買い足しましたが、結果的にも1匹でも2個買っといてよかったと思っています。

当初1個だったころ、トイレを全体的に(砂など全部取ったうえで)掃除する際に、猫が「トイレがない!」と困っていた時があったので。

本日は以上です。参考になれば幸いです。

ABOUT ME
まかつむり
まかつむり
自称猫マイスター
群馬県在住。会社員。 日々の仕事を疲れを猫に癒してもらうと、近づくも「甘ったれるなー」と言わんばかりの猫パンチをくらう日々。 趣味:猫と戯れ。ビデオゲーム、部屋の模様替え、節約のための工夫
記事URLをコピーしました