猫用品
PR

猫を飼う準備5 ~おすすめ猫用フード皿・給水器~

maca26ri
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは、まかつむりです。動物愛護センターから譲り受けた保護猫3匹を飼っています。

何回かに分けて、猫を飼う際に揃えた道具について記しています。

さて、今回はフード皿・給水器についてです。

【PR】

1.フード皿はどんなものを選ぶ?

材質は?

フード皿は重みがあるか。または滑り止めがあるものを選ぶと良いと思います。

(少なくともウチの猫は)がっつく感じでご飯を食べるので、軽い皿だったりすると皿を舐めながら前進します(笑)

お椀のような、軽くて 底面積が少ないと、食べながら食器が移動してしまいます

シロ
シロ

プラスチック製のもあると思いますが、

細菌繁殖を防ぐためまた傷つき防止のためにも、ステンレス製や陶器・ガラス製の方が良いと思います。

ただ、陶器製やガラス製は猫達の暴れまわって壊されないように注意してください。ウチの何個か割られましたw

形状は・・

これも猫によるとは思いますが、がっつくあまり、顔全体をエサ皿に突っ込むので、食べてる間に食べ散らかしが防げる底が浅く、やや大きめの方が良いと思います。

マカロンが「こいつ(つむぎ) 私の食いやがった」って顔がいいですねー

シロ
シロ

2.おすすめフードボウル

猫壱(necoichi)ハッピーダイニング 猫用 脚付フードボウル

PR

上面に猫の顔のシルエット、側面に肉球がデザインされていてかわいいです。

足つきでエサ皿部分の高さもあるので、水飲みにも良いと思います。陶器製でずっしり感もあり、底には滑り止めがありますので安定感もあります。

・若干ですが、食器の縁に「かえし」ついているのでこぼれにくい形状になっています。

iikuru 猫用食器

PR

側面に猫顔のシルエットがデザインされていて、かわいいです。

食器が2つセットになっています。2匹で使うのも良し。フード種類を分けたり、水とフードなど分けて使えます。

ステンレス製なので洗いやすく、傷が付きにくいので、雑菌繁殖を抑えられる。また、底面は広く、滑り止めがついていますので安定感があります。

3.おすすめの水飲み容器

リッチェル ウォーターディッシュ プラスチック S

PR

・キャットゲージに取り付けられ、キャットゲージ外側からでも、市販のペットボトル容器を使用して、簡単に水の取り替えができます。

皿部分の水位が下がると、ペットボトル部から水が随時供給されるのが便利です。

・ただプラスティックで構造上、ユニット内部までは清掃しづらいので定期的に浸け置きとかしないと、カビとか生えるので注意です。

猫壱(necoichi)ハッピーダイニング 猫用 脚付フードボウル

PR

上でもご紹介した猫壱のハッピーダイニングボウルもおススメです。足つきで皿部分が高くなっているので、水も飲みやすい形状になっています。

番外編

番外的な水飲み容器のおススメは群馬名物(?)駅弁の峠の釜めしの器です。ご飯は美味しいし、食べたあとは猫の水のみにできる一石二鳥です。

【PR】PETTENAペット用品ブランド公式サイト

4.まとめ

今回は猫用フード皿についてご紹介しました。ポイントは以下です。

容器の底が浅く、食べ口が広いもの。ワンちゃんと異なり、口先がペタッとなっているので皿に顔を突っ込む感じになります。そのため、食べ口が広いのが良いと思います。

重さがある。勢いよくがっつくと、フード皿とともに前進していきます。食事中フード皿が動かないような安定性があるもの、滑り止めがあるものを選ぶと良いです。

・細菌や傷防止のため、陶器・ガラス製やステンレス製が良いと思います。但し、陶器・ガラス製は置き場には注意。ウチも何個か猫達の運動会で割られたことがあります。

今回は以上です。参考にしていただければ幸いです。

ABOUT ME
まかつむり
まかつむり
自称猫マイスター
群馬県在住。会社員。 日々の仕事を疲れを猫に癒してもらうと、近づくも「甘ったれるなー」と言わんばかりの猫パンチをくらう日々。 趣味:猫と戯れ。ビデオゲーム、部屋の模様替え、節約のための工夫
記事URLをコピーしました