保護猫を飼う
PR

動物愛護センターから保護猫をもらう手順

maca26ri
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは、まかつむりです。保護猫3匹を飼っています。

猫の紹介
猫の紹介

私の場合は、群馬県動物愛護センターから猫を譲渡してもらいましたが、その時の手順について解説したいと思います。

動物愛護センターから猫をもらうメリット・デメリットも解説しますので、是非最後までお付き合いください。

合わせて読みたい
保護猫をもらうのってどうなの?
保護猫をもらうのってどうなの?

PR

動物愛護センターから譲渡猫をもらう手順

1)譲渡前講習会の参加申込

2)譲渡前講習会の受講

3)マッチング(お見合い)

4)猫の譲り受け

5)譲渡後適正実施報告書提出

1.譲渡前講習会の参加申込

動物愛護センターの活動の関係上、猫の譲渡を受けるには猫を家族の一員として終生飼養することを誓約として求めらます。

そのため譲渡前講習会を1時間程度 受講する必要があります。

譲渡前講習会への参加申し込みは、ホームページや動物愛護センターから書類を取り寄せて申し込みます。申込方法は下記の通りあります。

・webシステム

・郵送

・動物愛護センターへ直接持参する

・ファックスで送信

合わせて読みたい
動物愛護センターへ行く前にやること
動物愛護センターへ行く前にやること

2.譲渡前講習会の受講

譲渡前講習会とは犬猫を飼ううえでの知ってほしいルールやマナー、犬猫の習性や病気のこと、犬や猫に関係する法令、適正な飼い方についての講習となります。

譲渡前講習会は動物愛護センターにて参加する必要があります。

講習会というと堅苦しいイメージもあるかも知れませんが、

動物愛護センターとしては譲渡事業も一つの業務であり「保護猫の譲渡」活動している訳なので、猫を飼ううえで色々相談にのってくれます。不安に思う事があれば確認してみましょう。

講習会受講後はその場で「譲渡希望者登録申請書」を記入し、譲渡希望者の登録申請をします。

 申請内容に基づき、スタッフと面談を行い、譲渡要件に適合していると判断されれば、譲渡希望者登録証が渡されます。

譲渡希望者登録書とは?

譲渡動物とのマッチングするための必要書類で、譲渡前講習会参加後発行される書類です。

つまり、譲渡を受けるには「譲渡前講習会」への参加が必須となります。

有効期限は登録後1年間で、有効期限中はいつでも譲渡動物とのマッチングが可能です。
 ※その間に、譲渡動物が決まらなかった場合は、再度、登録申請が必要になります。

合わせて読みたい
猫の譲渡会へ参加する
猫の譲渡会へ参加する

3.マッチング(お見合い)

譲渡希望者の登録が済み、登録証を受け取りましたら、実際に猫と会うことができます。
譲渡前講習会当日からいつでもマッチングと譲渡が可能となります。

センターでほぼされている猫たちも実際に触れたり、抱っこもできますので、猫との相性を確認することもできます。

猫の個性・性格も教えてくれるよ

シロ
シロ

4.猫の譲り受け

飼いたい(希望する)猫がいれば、「動物譲渡申込書」及び「誓約書」等の記入するなど譲渡手続きを行います。

なお、実際に猫を連れて帰るには、ケージ、キャリーバッグ等安全に持ち帰る準備が必要ですのでマッチングに臨む際には前もって用意をおススメします。

合わせて読みたい
猫を飼う準備1 ~おすすめキャットゲージ~
猫を飼う準備1 ~おすすめキャットゲージ~
合わせて読みたい
猫を飼う準備4 ~おすすめのキャリーバッグ~
猫を飼う準備4 ~おすすめのキャリーバッグ~

5.譲渡後適正実施報告書提出

譲渡後の飼養状況を把握するため、譲渡後6ヶ月以内に譲渡後の適正飼養実施報告書を提出する必要があります。

適正飼養実施報告書の提出も前述 譲渡要件となります

こちらの報告書も最初の「譲渡前講習会の申し込み」同様 提出方法は以下から選ぶ事ができます。

・web

・郵送

・直接持参

・ファックス

合わせて読みたい
動物愛護センターから譲渡後にやること
動物愛護センターから譲渡後にやること

PR

WordPressでサイト作成するならレンタルサーバーは「ConoHa WING」

・国内最速の表示速度・初心者にも使いやすい管理画面UI・月800円からの安価な料金形態で

動物愛護センターから猫をもらうメリット・デメリット

デメリットは?

命を扱うことなのでデメリットという表現はあまり良くないことと思いますが、この場ではあえて使わせていただきます。

猫種はほぼない。ほとんどがMIX猫

ペットショップと異なり基本的に保護された猫を譲渡されるものなので、いわゆる「猫種」はないです。 「MIX猫」がほとんどです。まれにペットショップで見かけるような猫種もいます。

ウチの猫は3匹ともいわゆるMIX猫ですが、かわいいです(親バカ)。

登録証の有効期限は何回でもマッチングできますので、自分と相性のあう猫を探す事ができます。

譲渡要件がある

冒頭でお伝えした通り、動物愛護センターの組織上、譲渡された猫が再び動物愛護センターへ戻されることがないよう、譲渡要件があります。人によっては面倒と思う方もいらっしゃるかも知れません。

しかし、これに関しても、仮にペットショップより購入したとしても同じように、誓約書はあるかと思いますので、大きな問題でもないとは思います。

要件に関しては下記も参考にしてください。

合わせて読みたい
動物愛護センターから譲渡後にやること
動物愛護センターから譲渡後にやること

メリットは?

猫を飼う前に猫を飼う心構え・準備ができる

初めて猫を飼う場合、本当に飼えるのか、どうお世話すれば良いのか分からないことが多いと思います。

譲渡前講習会で必要な知識はもちろんの事、個別に相談することができるので、飼う上での安心感ができました。

マッチングして、自分の家に合う猫を探すことができる

動物愛護センターにいる猫と実際に触れたり、抱っこすることもできるので、自分と相性が合う猫を探すことができます。猫による個性・性格も教えてくれます。

必要な健康診断やトイレトレーニングなどは済みである

私も飼う前に健康診断とかトイレトレーニングとかってどうするのだろうとか不安に思っていたのですが、動物愛護センターで譲渡前までの定期的な健康診断やトイレトレーニングなどを実施してくれています。

また、上記でもお伝えしましたが、希望の猫の個性・性格についても教えてくれるので、安心して連れて帰る事ができました。

今回は以上です。保護猫を飼いたいと思われる方の参考になれば幸いです。

ABOUT ME
まかつむり
まかつむり
自称猫マイスター
群馬県在住。会社員。 日々の仕事を疲れを猫に癒してもらうと、近づくも「甘ったれるなー」と言わんばかりの猫パンチをくらう日々。 趣味:猫と戯れ。ビデオゲーム、部屋の模様替え、節約のための工夫
記事URLをコピーしました