保護猫を飼う
PR

動物愛護センターへ行く前にやること

maca26ri
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは。まかつむりです。動物愛護センターから譲り受けた保護猫3匹を飼っています。

猫の紹介
猫の紹介

これからもし動物愛護センターから猫を譲渡を考えている人の参考になれば幸いです。

以下は 動物愛護センターから猫を譲り受けるためのおおまかな手順です。自治体によっては幾分異なることも有るかと思います。

1)譲渡前講習会の参加申込

2)譲渡前講習会の受講

3)マッチング(お見合い)

4)猫の譲り受け

5)譲渡後適正実施報告書提出

今回は譲渡前講習会「前」までについてお話したいと思います。

1.動物愛護センターへのアクセス

まずはweb検索で「動物愛護センター 群馬(都道府県名)」で検索。

※私は群馬県在住でしたので「群馬」ですが、他の都道府県でも自治体で同様の取り組みをしているようです。以下「群馬県動物愛護センター」の話となってしまい、自治体によっては多少異なることも有るかもしれませんがご了承ください・・。

ここで、動物愛護センターにて猫の譲渡事業をしていることを知り、譲渡条件や手順を確認しました。

募集中の譲渡猫の一部を見ることもできます。

シロ
シロ

2.譲渡前講習会の参加申込

動物愛護センターの施設の存在上、犬や猫を家族の一員として終生飼養をしていただくことの前提のため、譲渡前講習会は必ず受講する必要があります

前回でも少しお話しましたが、猫を飼うことのルールやマナー、猫の習性や病気のこと、犬や猫に関係する法令、適正な飼い方についても聞くこともできるので、結果的にその後 別のルートで猫を飼うことになったとしても聞いておいて損はないと思います。
 

家族全員で参加する必要はありませんが、主に飼育する(面倒を見る)人の参加を勧めているようです

クロ
クロ

譲渡要件、申込方法を確認して、譲渡前講習会に申し込みます。

譲渡前講習会申込みは「ファックス」「web」「手紙」から申し込めます。

3.飼う準備

譲渡前講習会参加後、そのあとマッチング(お見合い)して 気にいった猫がいればその日のうちにもらうこともできます

譲渡前講習会参加すると交付される登録証は有効期限1年間あり、その間であれば別の日に改めて動物愛護センターへ訪れ、譲渡動物とのマッチングが可能です。

ですが、今は猫ブームということもあり、譲渡対象猫が少ない時もあるようです。巡り合わせもありますので、参加するのであれば飼う準備をして、講習会に臨まれた方が良いと思います。

持参必須「キャリーバッグ

固定ハーネスや抱っこで持ち帰りはダメと言われます。

シロ
シロ

脱走防止ですね。車のドア開けてしまった瞬間逃げてしまったこともあるらしいですよ

クロ
クロ

私の場合は、一応 「キャットゲージ(檻)」、「猫トイレ」と「食器」は用意してから、譲渡会へ臨みました。

先住猫や以前飼っていた飼育用具があるなど、家庭によっては用意するものは異なるかと思います。

まとめ

今回は動物愛護センターで猫をもらう際に、必須となる「譲渡前講習会の参加申込」と「家での飼う準備」について述べました。ポイントとなる点は以下です。

「譲渡前講習会」の開催日は決まっており、事前に譲渡要件を確認し参加申し込みをする必要があること。

譲渡前講習後はそのまま譲渡会へ参加できるので、譲渡前講習会までに少なくとも「キャリーバッグ」は用意しておいた方がよいこと。

ABOUT ME
まかつむり
まかつむり
自称猫マイスター
群馬県在住。会社員。 日々の仕事を疲れを猫に癒してもらうと、近づくも「甘ったれるなー」と言わんばかりの猫パンチをくらう日々。 趣味:猫と戯れ。ビデオゲーム、部屋の模様替え、節約のための工夫
記事URLをコピーしました