保護猫を飼う
PR

保護猫をもらうのってどうなの?

maca26ri
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは、まかつむりです。動物愛護センターから譲り受けた保護猫3匹を飼っています。

猫の紹介
猫の紹介

私は動物愛護センターから猫をもらいましたが、良かったなと思っている事は以下の通りです。

  • 猫を飼う前に猫を飼う心構え・準備ができたこと
  • マッチングして、自分の家に合う猫を探すことができたこと
  • 必要な健康診断やトイレトレーニングなどは済みであること

1.猫を飼うことの心構えができたこと

テレビなどの情報から昨今の猫ブームにより、かという私も猫を飼いたいと思ってしまった一人です。

猫は見ていて、可愛らしく 見ていて飽きないです。当たり前ですが、生き物であり、今後 家族となる存在です。命を預かるという責任があります。

寿命も20年前後生きる子も出てきており、今後の家族構成によっても飼い続けることができるか改めて考える機会となります。

動物愛護センターから保護猫をもらう前に譲渡前講習会への参加が義務付けられています。

ひとによっては、面倒だし”デメリット”に映るかも知れません。

ですが、これから猫を飼うための注意や心構えについて教えてくれるので、猫を飼う前の改めて考えることにつながるとは思います。

ここは家族ともよく話してから、のちのマッチングへとすすみました。

譲渡説明会は家族全員の参加は義務ではありませんが、飼うことに皆が賛成されていますか?とはスタッフに聞かれます

シロ
シロ

2.譲渡猫とのマッチング

譲渡説明会受講後は実際に譲渡猫と会うことができます。

スタッフの人に伝えれば、ペットショップ同様に触れたり、抱っこさせてくれます。

マカロンは抱っこが好きですと書いてあって、

実際に抱っこしやすかったけど、もらってきた後はあまり抱っこはさせてくれず・・

クロ
クロ
マカロン
マカロン

猫かぶってました

ホームページ記載の猫以外にも、譲渡可能猫がいる場合には会わせてくれます。

譲渡前講習会説明会参加すると「譲渡希望登録証」が発行されます。

譲渡希望者登録証は一年有効なので、相性合う猫をゆっくり探すのも良いと思います。

できる限り、後々 皆で飼う以上 家族複数人でマッチングに臨んだ方が良いと思います。

3.健康診断やトイレトレーニングがされている

健康管理簿は渡してくれるので、動物愛護センターで飼育中の病歴や投薬歴なども分かります。

後日、動物病院へ通うようになった際には、スムーズに診療していただけるかと思います。

あと何気にトイレトレーニングってどうやるんだろうと不安に思っていたりしたので、トイレを覚えさせてもらっているので助かりました。

マカロンがもらってきた当時、猫風邪ひいてたけど、飲み薬は一緒に渡渡されたので、安心感がありました

シロ
シロ

何より初めて猫を飼うのに不安だらけでしたが、色々と為になる事を教えてもらえてよかったの感じています。

まとめ

今回は 動物愛護センターもらった時に良かったなと個人的に思った点をまとめてみました。

  • 猫を飼うことの心構えができた
  • マッチングして、自分の家に合う猫を探すことができる
  • 必要な健康診断やトイレトレーニングなどは済みである。

猫飼う買わないにしろ、譲渡説明会に参加するだけでも、結果的に譲渡猫もらわず、ペットショップなどからもらうことになったとしても聞いておく価値はあったと思っています。

ABOUT ME
まかつむり
まかつむり
自称猫マイスター
群馬県在住。会社員。 日々の仕事を疲れを猫に癒してもらうと、近づくも「甘ったれるなー」と言わんばかりの猫パンチをくらう日々。 趣味:猫と戯れ。ビデオゲーム、部屋の模様替え、節約のための工夫
記事URLをコピーしました